入国管理局手続スピード案内


外国人の各種手続き

日本に滞在したい

日本にずっと暮らしたい

日本人になりたい

定住 〜外国人が日本でずっと暮らすために〜

定住者という在留資格


「定住者」という在留資格は

「法務大臣が特別な理由を考慮し居住を認める者」

と規定されています。


つまり、

他に該当する在留資格がないが、

在留を認めるべき外国人について、

個別に判断することが出来るように定められた在留資格です。


ですから本来は

外国人が日本でずっと暮らすため

の在留資格というわけではありません。


ただ、就労等の在留資格のように活動の制限がなく、

在留資格の性質としては、

日本人の配偶者等や永住などの在留資格と同質のものであり、

また、本来は日本への在留10年が要件とされる永住権の取得につき、

定住者は5年が要件とされている点からも、

日本でずっと暮らすための在留資格といってもよいと思います。


他の在留資格に比べて、

一律の規定ではなく大きな裁量のある在留資格ですので、

特に身分関係などの点で日本で暮らす必要性の強いケースでは、

積極的に活用したい在留資格です。


永住


トップページに戻る


CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved.

帰化申請 遺産相続 闇金融 過払い 交通事故 むちうち 過失割合