入国管理局手続スピード案内


外国人の各種手続き

日本に滞在したい

日本にずっと暮らしたい

日本人になりたい

在留資格 〜外国人が日本に滞在するために〜

在留資格とは


在留資格とは、

外国人が日本に滞在するための資格のことで、

就労可能な在留資格と就労のできない在留資格のほか、

活動に制限のない在留資格などもあり、

法律によって分類された27種類の在留資格があります。


在留資格の種類


ビザと在留資格


この在留資格のことをビザと呼ぶことがあります。

ビザとは、入国前に日本の在外公館で発給を受けるもので、

いわば、在留資格取得に先がけての推薦状のようなものです。

外国にいる外国人が、日本に入国しようとする場合、

まずこのビザを取得する必要があります。

ビザを持っていれば、日本の空港において

入国審査官が上陸許可を与えてくれます。

この上陸許可が、いわゆる在留資格です。


一方、日本の入国管理局で申請する在留資格は、

外国人を雇い入れようとする会社や、

日本にいる家族が、外国にいる外国人を呼び寄せる場合に、

日本において申請する手続きです。

そうした日本側の受け入れる相手がいない場合に

観光以外のビザを取得するということはまずないと言えるので、

外国の在外公館でビザ申請をするよりは、

受け入れる側が

日本の入管において在留資格を取得するほうが一般的と言えます。


外国の在外公館でビザ申請をする場合は、

役所に対する本人申請しか方法はありませんので、

慣れない日本の手続きを外国人自身がしなければなりません。

私たち行政書士に在留資格の申請手続きを依頼される場合は

日本の入国管理局に在留資格を申請する形となります。


ただ、言葉としての「ビザ」は、

広く「日本に滞在する資格」という意味で使われていますし、

普段の日本での生活においては、

ビザと在留資格の言葉の違いについて

さほど気にする必要はないかと思います。

広い意味での「ビザ」は

在留資格という意味を含んでいると思ってもいいと思います。


在留資格を得るための条件


トップページに戻る


CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved.

帰化申請 遺産相続 闇金融 過払い 交通事故 むちうち 過失割合